【若気の至り】と赤子―表現者の在り方について

単純な年齢では、若者とは言えなくなってきた。しかし、若いということが、常に挑戦し、既成の制度に立ち向かい続けることを意味するのならば。評論家の構成する言説空間を破壊しなければならない。彼らの饒舌なエクリチュールでは追い付けない、無限の速度で運動し続けなければならない。彼らの言葉を「絶する」、ということでなければならない。彼らを感動させ、思考の再編を迫り、そのような評論家をアーティスト側が再構成しなければならない。 こう言うことが、若気の至りと形容されようと、それは歓迎されるべきことだ。誰であれ、制度に絡め取られまいという強い態度であれば、若者だ。 しかし、こう語ること、すなわち評論家を評論することは、「若者」に留まる。表現者としては、言語を獲得する以前の赤子、行為が常に表現でしかあり得ない赤子にならねばならない。 私の知る限り、この最もラジカルな意味で、若者であり、赤子でもあるのは、御年70を超えた池田一だ。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたが見ている空は、どうしてトンネルでないと言えるのか?

この世界は、プラトンの洞窟の比喩の内在化である、と考えること、つまりプラトン哲学におけるイデアを消去してなお、洞窟自体が残り、洞窟こそが実在である、と考えることが可能である。 このことを思いついたのは、ネット上でいくつかのCG映像作品を観ながら、良くある表現手段ではあるが、トンネルを通っていく表現を分析していた時である。 もし私が、トンネルを用いたCG映像を作るとしたらどうするか-それは、自由にカ

美学者って馬鹿なのかな??アーサー・C・ダントーの「アートとは何か」を読んで

エリー・デューリングとは全く異なる主張ではあるが、極めて西欧的なアートの考え方の極端として、ダントーを数えることができる。まず「アートワールド」、という何らか統合された空間は、たとえそれが「開かれている」ということによって主張が弱められていようとも(実際この「開かれている」ということが意味していることがまったくはっきりしない)、今日的ではない、あるいはデューリング的ではない。デューリングは自らを新

「了解」とはどのような認知的能力であるか―セラーズ『経験論と心の哲学』を参照して

ハイデガー『存在と時間』において、「我々は存在している、ということを了解している」と現存在分析に進むのだが、しかしその「了解」とは、そもそもどういう事態なのであろうか。この記事ではセラーズの議論を参照しながら、それを明らかにしたい。 セラーズはその『経験論と心の哲学』(邦訳参照。以下EPと略記)の冒頭において、既に「推論すること」と「見ること」との間の相違が存在することを否定すること、を仄めかす(