• Masafumi Rio Oda

【若気の至り】と赤子―表現者の在り方について

単純な年齢では、若者とは言えなくなってきた。しかし、若いということが、常に挑戦し、既成の制度に立ち向かい続けることを意味するのならば。評論家の構成する言説空間を破壊しなければならない。彼らの饒舌なエクリチュールでは追い付けない、無限の速度で運動し続けなければならない。彼らの言葉を「絶する」、ということでなければならない。彼らを感動させ、思考の再編を迫り、そのような評論家をアーティスト側が再構成しなければならない。 こう言うことが、若気の至りと形容されようと、それは歓迎されるべきことだ。誰であれ、制度に絡め取られまいという強い態度であれば、若者だ。 しかし、こう語ること、すなわち評論家を評論することは、「若者」に留まる。表現者としては、言語を獲得する以前の赤子、行為が常に表現でしかあり得ない赤子にならねばならない。 私の知る限り、この最もラジカルな意味で、若者であり、赤子でもあるのは、御年70を超えた池田一だ。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドレイファスらの実在論と、池田一、万城目純のアートとその方法

H.ドレイファス及びCh.テイラー(以後「ドレイファスら」と表記)の「実在論を立て直す」を読む。彼らの大雑把なスタンスは、文脈主義的であり、全体主義的で、さほど哲学的興味を惹くものではない。ここでは、私の哲学と絡め、またアーティスト池田一および万城目純の方法の特異性について触れたい。 ドレイファスらの考え方で、示唆的であり有効である、と思われる部分がある。ローティを相手取って批判しながらも、ローテ

ラリュエル「哲学と非-哲学」を読んで

ブラシエらの目指す「諸超越から成る超越」あるいは「諸超越から成る非ドゥルーズ的多様性」の実在論は、根源的内在性を大文字の一として措定する非-哲学とは合い慣れないが、しかしブラシエは少々強引にも、非-哲学を己の哲学に積極的に取り入れようとしている。 ブラシエ自身は、あらゆる実在を物に還元するという強いフラットな存在論よりはやや複雑な、ラリュエルの内在性とバディウの無で-あることとの接合から導かれる、

【汎芸術家論】すべての人は、機械を絶対に剰余したものを持つ、という希望

資本主義社会である以上、全ては資本という量で測られる。アーティストに話を限れば、「売れる」「売れない」など。特に日本という国家は、諸説あるものの基本的に単一的な民族性によって、価値観が二元化しがちだ。そのこと自体を問題に思っていた時期もあった。自分がやっている、即興の面白さを、広めたい。アート界を変えたい。アート界を引っ張っていきたい。しかしながら、これらのいずれの希望も、煎じ詰めれば、「資本主義

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black