All documents are written only in Japanese. If you are interested in those documents, please contact me. I will send you PDF file.

“Declaration of Non-avant-garde”

This amazing declaration is intended to treat media-art as a simple "thing",

or simple "material" in word of François Laruelle, a french (non-)philosopher.

Here is the "Declaration of Non-avant-garde", which insists following 2 principles:

1. Treating media-art, or any other medias or art-formats as a simple material,

 and thinking the way to treat those materials.
   An "mixture", such as that of pops and avant-garde music,

   tonal and atonal music, or local traditional instruments and western traditional   

   way, etc. is one of such materials,
   but this form must be strongly blamed because of its poverty of imagination.

2. Media-art must not be mere "Tech-demo", but expression of something.

(Masafumi Rio Oda)

“非-アバンギャルド宣言”

ここに「非-アバンギャルド」という新しい運動を宣言します。非-アバンギャルドは、ポップスに寄る、という意味ではありません。この行き詰っている前衛とは何かを改めて問い直し、諸メディアをいかに想像力豊かに「素材」として利用するか、という方法論です。

・多数の思考と相関した世界、「理念的出来事」再考―ドゥルーズ『差異と反復』の能力論批判からパトナムの内在的実在論、新しい実在論へ(2019)

                                               映像学会クロスメディア研究会発表

・現代映像メディアにおける「ノスタルジー」の特異性について―ドゥルーズの反復哲学の今日的 妥当性をめぐって(2019)

                                                      日本映像学会第45回大会発表

・超越論的経験論という閉ざされた世界

 ―ラジカルな経験主義の二つのドグマと「発生」という神秘(2018)

                              芸術メディア研究会出版 クロストーク6号寄稿

・経験的内容を論じることの不可能性についての試論-外部主義、形式的存在論の素描(2017)

                              芸術メディア研究会出版 クロストーク5号寄稿

池田一とガストン・バシュラールにおける水の形而上学―存在論化された水と形態を巡って(2017)

                        東京創造芸術祭(TPAF)出版 ART CROSSING創刊号寄稿

・形而上学の完成―存在である限りの存在の永久追放と思考の永遠回帰①(2020)

                              芸術メディア研究会出版 クロストーク7号寄稿

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black