• Masafumi Rio Oda

【汎芸術家論】すべての人は、機械を絶対に剰余したものを持つ、という希望

資本主義社会である以上、全ては資本という量で測られる。アーティストに話を限れば、「売れる」「売れない」など。特に日本という国家は、諸説あるものの基本的に単一的な民族性によって、価値観が二元化しがちだ。そのこと自体を問題に思っていた時期もあった。自分がやっている、即興の面白さを、広めたい。アート界を変えたい。アート界を引っ張っていきたい。しかしながら、これらのいずれの希望も、煎じ詰めれば、「資本主義社会においてアートを再定位したい」というだけのことで、結局は資本主義の論理に絡め取られている。どの人がどんな曲を好もうが、好まざろうが、それを変革したいというのは全き暴力であろう。


そんなことより、人間には資本主義的価値観に完全に還元され得ない、絶対的な剰余がある、と信じたい理由がある。ドゥルーズ(及びガタリ)は、資本主義の発生とそのオートポイエーシス的性格を描いて見せ、最近ではニック・ランドの「加速主義」と呼ばれる運動もあり、何やら白熱しているようだが、正直私自身は興味ない。もちろん、資本主義以前に戻ることは出来ない。そんなハッピーな空想よりは、「加速させてしまえ」という主張の方がよほど意味があるように思える。詳しくは忘れたが。


いかに資本に憑りつかれた者とて、その者に美を愛する気持ちが生来なかった、とは思いたくない。ちなみに私の哲学においては、美学が存在しない、というのも私の哲学において、美は存在論において(つまり存在論の語彙で)定義できるからだ。


もし人が美を、あるいはもっと適切には、有機的器官を超えた剰余を、生来有していないとすればそれはロックの「タブラ・ラサ」が正しいということになるが、そうするとこの資本-外の剰余は、社会的存在になる過程、あるいは精神分析学的な成長過程において、構成されたものだ、ということになる。その剰余の内実がなんであろうが、ドゥルーズ=ガタリは、欲望機械という一種のフラットな存在者の連結から、その剰余の存在を引き出して見せた。とすればこの洗練された議論によれば、美やその希求すら欲望から生じたものであり、それは一般的・直感的にも妥当しそうであるが、そう考えたくない理由はある。欲望を作動させるものは欲望だが、欲望=機械の自動システム構成では、語れないもの、それを「大事にしたい」という、ふわっとした希望がある。もちろん理論的には、私は反ドゥルーズ主義だし、欲望の連結から成るシステムが(大文字の)他者を前提しているがゆえに、神秘的であると断罪する立場ではあるのだが、ここではそれについてはこれ以上触れない。


人間は資本を回すだけの機械ではない、という希望と、資本から絶対的に剰余するものとしての芸術素、感受性、なんでもいいが、そうしたものが存在して欲しい。芸術素は、それ自体はまだ受信・発信の区別を持たない。普遍性も特異性も持たない、緩やかな共通性(共感)によって緩やかに繋がる、規則もなく、それゆえ一般的な議論では捉えられないような残余。その存在を大事にして、それが存在すると信じて、その存在を呼び掛けていくこと、そのことに、今私は、いかなるスター性やヒット性、社会現象性やセンセーショナル性、大規模なアートプロジェクト…そうしたものより遥か以上の重要性を見出している。(織田理史)


最新記事

すべて表示

欲望からの解脱の方法

人間は欲望の存在であり、またラカンによれば欲望とは他者の欲望であり、ドゥルーズ=ガタリによればそれは欲望機械という生産装置であり、資本主義は欲望の構造と言われるがしかし既に資本主義以前に人間存在間の関係は欲望関係である。 欲望とは、他者の欲望である―これを、単に個々の主体が異質性を欲望する欲望機械である、というだけでなく、他者からの欲望でもあることで、欲望のネットワークが常に形成され、そのことで社

ドゥルーズ『シネマ2 時間イメージ』は、現代(CG)映像作品解釈に有効か①

私は映画を好まない、映像作家であるにも関わらず。しかしそれは何故か。その問いは、半ば燦然たる映画史における名作の参照を行わないための消極的な理由によって説明されてきた。しかし、ドゥルーズがシネマ2で、映画の枠内ではあるが、それが古いリアリズムや行動イメージから、光学的・音声的記号へのシフトを語った時、後者は、まさに私の映像作品が対象としているものであり、その議論から単純に「映画性」を取り除けば、そ

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black